女性の便秘の対策!便が出ない原因と解消する方法まとめ

女性の便秘の対策!便が出ない原因と解消する方法まとめです。悩まされる女性の便秘の対策と解消方法などをまとめています。予防や対策に食べ物や飲み物、またはサプリなども含め紹介しています。便秘解消に役立つ情報になりますので参考にして下さい。

高齢者の女性に便秘が多いのはどのような事が原因

f:id:kenkou145:20171130200323j:plain

女性に便秘になる人が多いですが、その中でも特に高齢者の女性にとても多いことになります。

人口で見ていくと女性の場合は、10代から増えて30代にさらに多くなり、そこから少し減少して60代でまた急激に増えて、さらに70代がピークになるような感じです。

70代というと男性にも多いことになりますけど、高齢の女性に多くなります。

70代といっても、その容姿からは、そのように見えない人も多いので、高齢というのも少し呼び方を変えた方が良いうようにも個人的に感じています。

なぜこのように人口が変化するのかは、それぞの年代で理由があることになりますが、今回はこの70代ぐらいの人の原因についてです。

 

高齢者の女性に便秘が多くなるのは典型的な事が原因!

高齢者の女性に便秘が多くなる理由は、典型的な原因とも言えます。

大きく分けると4つの事が主な原因になっています。

 

  • 食事の量が減る

これはどの人も感じていることだと思いますが、高齢になると食が細くなり、食べる量が若い頃から比べると減ってしまいます。

量が減るということは、便意を伝えるための量に達さないために、働きも弱くなってくることになります。

 

  • 腸内の働きが低下する

加齢によって腸内の働きが低下していき、便が腸内に長くとどまることで便が硬くなってしまい出にくくなってきます。

これも典型的な便秘の原因ということになりますが、加齢や老化から便を出すことが困難になってきます。

 

  • 便を押し出す働きが弱くなる

便を押し出す働きは便意を感じることも必要ですけど、便を押し出す力も必要になります。

その押し出す働きの役割をしているのが腹筋や肛門括約筋という筋肉なります。

肛門括約筋とは肛門を広げたり縮めたりする筋肉の事で、自分で動かすことができる筋肉の事です。

これらの筋肉の低下が原因になってきます。

 

  • 便意を感じにくい

便意は直腸の神経が察知して脳に信号を送ることで便意を感じることができますが、その便意を伝える直腸の神経が高齢から鈍くなってしまうことで便意を感じにくくなってきます。


このようにこれらは、自然な加齢などからくることが主な原因になっています。

人は20歳を迎え成人、大人としての成長がそこでストップして、そこから今度は体が老化を少しずつ始めるようになります。

その老化は誰にも止めることができないことなので、高齢に備えても腸内は良い環境にした方が良いと言えます。

老化は身体にとって健康面で考えても便秘の対策についても、マイナス要素でしかありませんので、便秘の対策は早くにした方が良いということになります。

また明日になると、私も含めて老化してしまうことになるからです(ノд・。)

女性に多い便秘の対策の前に基本的な原因について