女性の便秘の対策!便が出ない原因と解消する方法まとめ

女性の便秘の対策!便が出ない原因と解消する方法まとめです。悩まされる女性の便秘の対策と解消方法などをまとめています。予防や対策に食べ物や飲み物、またはサプリなども含め紹介しています。便秘解消に役立つ情報になりますので参考にして下さい。

女性の便秘の原因になる腹膜炎の影響について

f:id:kenkou145:20171113205159j:plain

女性の便秘の原因にもなる腹膜炎(ふくまくえん)についてです。

腹膜炎というのは、腹膜が細菌が感染して炎症を起こすことをいいますが、腹膜とは胃や腸、肝臓の表面を覆っている粘膜のことで、ここが炎症することで便秘の原因になることがあります。

この病気からくる便のつまりの事を器質性便秘といいますが、その疾患から便が出ずらいこともあることになります。

原因がハッキリとしているだけに、その細菌による炎症を抑える事で改善する確率が上がることになりますが、一時的な急性のものと、その症状が長く続く慢性のものと2種類あることになります。

通常は、内臓を覆っている粘膜の腹膜は無菌の状態になっていますが、細菌や化学的な刺激で炎症を起こすことがあります。

この疾患の病気は、急性虫垂炎、急性胆嚢炎、急性膵炎などの臓器の炎症が腹膜にも及ぼすことで腹膜が炎症を起こすキッカケとされています。

要するに、他の臓器の炎症が原因で腹膜も炎症を起こすことになるということです。

自覚症状としては腹痛が伴うことになるので、原因がハッキリとすることになります。

それ以外には、吐き気、嘔吐、発熱などの症状があり、すぐに病院で診てもらうようにしてもらわなければいけない疾患ということでもあります。

それと便秘との関係性についてです。

 

腹膜炎から便秘の原因になるのは腸内細菌が乱れるため

f:id:kenkou145:20171113205211j:plain

腹膜炎になるということは、内臓が正しい働きを阻害してしまうことになります。

その影響から腸内の働きも乱れることで、便を促す働きが低下して、便がでにくくなることがあります。

便が出にくくなることで、腸内細菌自体のバランスが変化してくることになるので、その変化からさらに強固なものに変わることがあるようです。

また薬なども服用することになるので、その薬の副作用的なことから、腸内細菌が乱れることも原因の1つとも言えます。

抗生物質などもそうですが、このような薬を使用すると、腸内細菌が乱れて下痢や便秘を起こすことは良くあることです。

一時的なことが多いですが、その乱れが長期的になることで、腸内の環境を悪化させることにつながります。

腹膜炎は病気になるので、便秘の対策というよりも、その病気を完治させることが優先になります。

ひどい場合は手術をするケースなどもあるので、かかりつけの先生の指示にしたがって対策していくことが求められます。

また再発の可能性もあるようなので、普段からの予防も大切になります。

ストレスや食生活には、特に注意が必要で、大きな疾患が原因になることもあるので規則正しい生活をするようにする意識が必要です。