女性の便秘の対策!便が出ない原因と解消する方法まとめ

女性の便秘の対策!便が出ない原因と解消する方法まとめです。悩まされる女性の便秘の対策と解消方法などをまとめています。予防や対策に食べ物や飲み物、またはサプリなども含め紹介しています。便秘解消に役立つ情報になりますので参考にして下さい。

女性の便秘の原因になる子宮筋腫との関係について

 

f:id:kenkou145:20171116181824j:plain

女性の器質性便秘と関係の深い子宮筋腫についてです。

子宮筋腫というのは、良性の腫瘍のことで、生命を脅かすものではありませんけど、そのままにすると10キロも超えるような大きさになるようです。

筋腫(きんしゅ)が女性ホルモンによって大きくなって、閉経後に小さくなってきます。

1つだけのこともあり、2つできたりと、いくつもできる事がある腫瘍です。

子宮壁にできる「こぶ」というと分かりやすいかもしれません。筋肉が異常に何個もできる疾患といういことになります。

症状が月経の量のが多くなり、また生理痛が伴うことも多いようです。
それ以外に腰の痛みやトイレが近くなることもあり、小さなものでも強い症状が強くなることでも知られています。

割合でいうと女性の4人に1人ぐらいの割合で、子宮筋腫とも言われています。

子宮内にしこりができることになりますが、一般的な病気の一つとして女性ではなる人が多いことになります。

便秘の原因になるのは、子宮筋腫が直腸を圧迫してしまうためで、それによって便を通る道が妨げられることになります。

それがそのままになることで、便を詰まらせてしまいやすくなるということです。

生理のときにいつもより出血が多い場合は、少し疑った方が良いかもしれません。

 

女性の便秘の原因になる子宮筋腫のその他まとめ

f:id:kenkou145:20171116181838j:plain

女性の便秘の原因になる子宮筋腫をまとめると、これによって直腸が圧迫され、便の通り道を防ぐ!そのような事から便秘へとつながっていきます。

そして症状は、月経量が多くなる、下腹部や腰痛がある、おりものが増える、頻尿、また不妊などの原因にもなってくることになります。

腰に痛みを感じることが多いようで、ヘルニアなどと誤解することもあるようです。

治療としては薬と手術に分けられていて、手術の場合は、子宮しべてを取ってしまうケースと、その筋腫だけを取ってしまうケースとあるようです。

これは将来、子供を作りたい人なのか、すでに子育ては終わっているのかで判断されるようです。

薬の方は、鼻からのスプレー剤と、1ヶ月に1回の注射で治療していくケースがあるようです。

ただし、薬の場合は、女性ホルモンの分泌が少なくなるということから、半年ぐらいまでしか治療をしないようです。

そのまま続けてしまうと、更年期障害のような症状を誘発してしまう恐れがあるためと考えらえています。

ただ、最近の女性は、女性ホルモンが少ないと言われていて、筋腫が大きくなることは少ないようです。

そしてこの子宮腫瘍になる原因なのですが、今だにハッキリと分かっていません。

女性ホルモンが関係していることは間違いがないようです。

どちらにしても便秘の原因にもなってくるので、早期発見で早めの治療が必要になります。