女性の便秘の対策!便が出ない原因と解消する方法まとめ

女性の便秘の対策!便が出ない原因と解消する方法まとめです。悩まされる女性の便秘の対策と解消方法などをまとめています。予防や対策に食べ物や飲み物、またはサプリなども含め紹介しています。便秘解消に役立つ情報になりますので参考にして下さい。

女性の便秘の対策!運動不足の解消と自律神経の関係

f:id:kenkou145:20171116220306j:plain

 

女性の便秘の対策に運動不足の解消することも大事ですが、その運動不足と関係が深いのが自律神経との関係です。

運動をしない、腹筋が弱る、便を押し出す力が落ちる、このような事も原因になりますが、腸をコントロールしている神経が乱れることでも原因になってきます。

神経といっても、色々な神経がありますが、中枢神経という背骨に走る神経が大本になっていて、その背骨にある神経は脳とつながっています。

脳からの命令が始まりで、そこから無意識に中枢神経を通して自律神経という神経に働くようになります。

その自律神経は、呼吸や消化と深い関わりにあり、自分が意識しなくても無意識でコントロールされています。

そのため日常生活に困らないことになりますが、この自律神経が乱れることで、体に異変を感じるようになります。

その影響が腸内の働きにも及ぼすことになります。

分かりやすい例ではストレスがそうですが、このストレスを強く感じ、胃がムカムカしたような経験をしたことがる人はいると思います。

これは胃液の分泌を盛んにさせ、胃の壁を傷めてしまうことになるので、胃が不調になるわけですが、腸内の働きにも影響があることになります。

ストレスから自律神経が乱れて、胃腸の働きが低下してくることになります。

低下するということは、スムーズな便の排泄ができなくなってくるので、便秘になりやすくなるので、この自律神経を整えるとうことは、便を出す対策としても、とても大事なことになります。

でもなぜ運動不足が、この自律神経と関係するのか?ということです。

 

女性の便秘対策!運動不足になると自律神経が安定しにくい?

f:id:kenkou145:20171116220318j:plain

女性の便秘対策になる運動不足の解消ですが、なぜ自律神経と関係してくるのかというと、運動をすることで自律神経が安定しやすくなるためです。

この神経が乱れることで、腸内の働きが悪くなってくるわけですが、その神経の安定をさせることができるのが運動によるものです。

運動をすることで、副交感神経が優位になりやすくなります。

自律神経は活動しているときに働く、アクセルの役割でもある交換神経が優位になっています。

リラックスするときや寝ているときというのは、ブレーキでもある副交感神経という神経が優位になっています。

運動をするということは、そのリラックスの神経でもある副交感神経を優位にしやすくなるために、胃腸がリラックスしやすく、便を排泄しやすくなるということです。

逆にストレスなどで交感神経が優位になってくると、胃腸が緊張して、スムーズな排便が難しくなってきます。

そのような事から運動不足を解消することで、自律神経が安定して便の排出をうながすようになりやすくなります。

また健康にも良い影響を与えるので、ちょっとした運動でも良いので、実勢するようにしたいところです。