女性の便秘の対策!便が出ない原因と解消する方法まとめ

女性の便秘の対策!便が出ない原因と解消する方法まとめです。悩まされる女性の便秘の対策と解消方法などをまとめています。予防や対策に食べ物や飲み物、またはサプリなども含め紹介しています。便秘解消に役立つ情報になりますので参考にして下さい。

女性の便秘の対策にアルコールはオススメできる?!

f:id:kenkou145:20171118231147j:plain

女性の便秘の対策にアルコールはオススメできる?ということで、このアルコールの作用についてです。

結論をいうと、悪い意味では対策になりますが、あまりオススメできる方法ではないことは確かなことです。

悪い意味でというのは、アルコール自体が体に不要なものになるためです。

飲みすぎて、よく肝機能を壊した!または肝硬変や肝がんなどの原因になるとも言われている飲みものになります。

適量であれば、体に溜まったストレスなどを解消をするのに少しは役立ちますが、やはり肝機能をたくさん働かせるので、飲みすぎはオススメできません。

なぜアルコールが悪い意味で便秘の対策になるのか?ということですが、胃腸への刺激が大きいから、この影響になるかです。

強制的に胃腸の働きを活発にさせる働きがあるので、胃の働きもよくなりますから、食前酒としても出されることがあるほどです。

確かに少々であれば、胃の働きを良くさせますので、食欲が増加されます。

そして血の流れである血行を良くさせ、腸内の働きも刺激することになるので、蠕動運動の働きが活発になり、翌朝に便が出やすくなるとういのは事実です。

ただし活発にさせすぎるので、飲みすぎることで消化が正しい状態にならないために下痢などをしてしまう事も多くなります。

多分、女性よりも男性でそのような経験をしている人は多いと思います。

そして水分バランスが乱れてしまいます。

便は水分が含まれていますが、アルコールは利尿作用があるので、その便の含まれる水分量の調整が上手くいきずらくなってきます。

そのため中には、それが原因で便秘になってしまう事もあります。

 

女性の便秘の対策にアルコールはオススメできない他の理由

f:id:kenkou145:20171118231157j:plain

女性の便秘の対策にアルコールがオススメできない他の理由は、水分調整ができない、下痢をさえることがある、そのような事もありますが、それ以外に中毒性のあるものだからです。

今は女性でもお酒を口にする機会が多くなってきましたが、そのお酒には中毒性もあるために、毎日飲んでしまう女性も増えてきています。
便秘よりも体に健康面にオススメできないということです。

ただ、適量であれば問題はないとお思います。

適量とういのは、その人の体重や身長などから適量を割り出していくのですが、目安としては1杯、1缶、1合などが大まかな目安になると思います。

ただし、これはその人のアルコールの強さによって異なってきますがので、あくまでも目安ということになります。

もしお酒を飲むのであれば、ノンアルコールのビールがオススメです。
ビールには食物繊維が含まれているので、その面では役立つからですが、ただしノンアルコールです。

あまり神経質になることはありませんが、適量であれば問題はなく、またアルコールで、便秘の対策をするという考え方だけはやめましょう。