女性の便秘の対策!便が出ない原因と解消する方法まとめ

女性の便秘の対策!便が出ない原因と解消する方法まとめです。悩まされる女性の便秘の対策と解消方法などをまとめています。予防や対策に食べ物や飲み物、またはサプリなども含め紹介しています。便秘解消に役立つ情報になりますので参考にして下さい。

女性の便秘の原因でも多い腸が長いことでの影響とは?

f:id:kenkou145:20171120172840j:plain

女性の便秘の原因と、腸が長いことでの影響についてです。

実は腸が長いことでも便秘の原因になることが分かっています。

腸の長さというと、欧米系の人は短く、日本人は腸が長いと言われていましたが、実際に仮想内視鏡で測ってみると欧米系の人の方が長いことが分かりました。

年代によってもやや違うのですが、日本人50代女性で155.3cmに対して、アメリカ人の女性は155.6cmという結果になっています。

男女を比べると平均して欧米の人の方が長いことが分かっています。

これは日本人と比べると、体格が一回りぐらい違うことがあるので、そうなると思うのですが、検査からはそのような結果になっています。

長いと確かに便秘のなりやすい傾向にあるのですが、長くなる場所にもよることになります。

便と関係あるのは大腸になりますが、その大腸はいくつかに分けて呼び名が変わります。

最後が直腸と呼び、直腸とは肛門直前のことをいいます。

何となくイメージできると思いますが、その肛門の次がS状結腸(えすじょうけっちょう)となっていて、ここが長いことで便秘になりやすい傾向にあるということです。

英語のエスのような形をしたところで、ここが長いことでも便秘になりやすくなると言われています。

大腸検査では7人に1人の割合で、その腸の部分が長い人が見つかるようです。

S状結腸過長症とも呼ばれるもので、こうなるとエスのような流れになっているところが長いために便を詰まらせやすくするとされています。

原因がハッキリとしていないのですが、どちらにしても便秘の原因になりやすいことになります。

中年以上の女性に多いことが分かっています。

 

腸が長いことでのS状結腸過長症の女性の便秘を対策するには?

f:id:kenkou145:20171120172857j:plain

腸が長い、S状結腸過長症の便秘を対策するには、病院での対策になります。

これはS状結腸を切って短くする開腹手術などをすることがありますが、医師との相談して決めるようにします。

最初のキッケカはひどい便秘から見つかることが多くあります。

検査をするとすぐに分かるので、気になる人は一度病院で検査をすることをオススメします。

浣腸や下痢などが深く関係していることもあるので、薬のようなものを頻繁に使用している人は少しだけ注意が必要です。

基本的に予防としては、腸内に負担になるようなことはなるべく避けるようにして規則正しい食生活をするようにします。

腸内にマイナスになることは、ある程度予測がつくと思いますが、プラスのことを増やすことが便秘を対策するポイントになります。

ただ、今回のように便秘がかなりひどい場合は、一度病院で調べてもらうことも大切なことだと思います。