女性の便秘の対策!便が出ない原因と解消する方法まとめ

女性の便秘の対策!便が出ない原因と解消する方法まとめです。悩まされる女性の便秘の対策と解消方法などをまとめています。予防や対策に食べ物や飲み物、またはサプリなども含め紹介しています。便秘解消に役立つ情報になりますので参考にして下さい。

女性に多い弛緩性便秘を対策するには筋力をつけること?!

f:id:kenkou145:20171121150500j:plain

女性に多い弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)の対策や解消についてです。

弛緩性というのは、たるむこと、ゆるむことを意味しますが、そのたるみやゆるみからくる便の詰まりのことを、弛緩性便秘と言います。

何がたるんでいる、またはゆるみになっているのかというと、筋肉なります。
その筋肉のたるみやゆるみからくる便が詰まることが女性には多いことでもあり、またそれが原因になります。

分かりやすくすると、お腹のまわりの筋力がないことでの影響になります。
なぜ女性にこの腹筋、お腹まわりの筋力が弱い人が多いのかは、やはり体質的なことがことが影響していることになります。

知っている人も多いかもしれませんが、男性より女性の方が体脂肪が元から多く、その体質棒率が多いために、元から筋肉が少ないことが影響しています。

これは女性ホルモンがそのようにさせているのですが、妊娠、出産に備えて体内にカロリーを溜めやすくする必要があるためです。

そして皮下脂肪がつきやすく、内臓脂肪がつきづらいという特徴を持っています。

その体質的なことが影響しているために全体的に筋肉が少なく、さらにお腹というと、ほぼ日常生活では使用しない場所になるので、さらに腹筋がないことを意味します。

そのため便を押し出す力が不足しやすく、便秘になりやすい要素の1つになってきます。

 

女性の弛緩性便秘を対策する腹筋のつけ方とは?

f:id:kenkou145:20171121150511j:plain


筋力の不足からくる女性の弛緩性便秘を対策や解消をするには、やはり腹筋をつけることが一番になってきます。

この筋力だけが便を詰まらせる原因とは言えませんけど、やはり関係していることは間違いがないことです。

腹筋を鍛えるとなると、体育の授業で習ったような方法が一般的ですが、できる人は、その方法で取り組むようにします。

それで腹筋を鍛える方法もあるのですが、レッグレイズという方法もあります。

こちらの方が女性向きのように感じています。

レッグレイズとは、頭を上げて腹筋を鍛えるのではなく、足を上げて鍛える方法です。

こちらの方が色々な意味で負担が少なく、すぐに実践しやすいと思います。
やり方は簡単で、仰向けに寝て両足を真っすぐに上に上げるだけです。

このときにできない人も多いかもしれませんので、無理に上げることはなく、自分ができりる範囲で両足を上げてみて下さい。

キツイ!と感じている時点で、すでにお腹に負荷がかかっていることになるので、無理をすることはありません。

できる人は、そのまま足を上げて、またゆっくりと足を戻すようにします。

10回を目安にしてみて下さい、

できない人はできる範囲で10回で大丈夫です。

足を上げることが目的ではなくて、負荷をかけることが目的なので、足が上がらなくてもOKということです。

それを続けていくことで、自然に足が上がるようになるので、そうなっていればそれなりに腹筋がついていることを意味します。

足が上がることを目標にしてみて下さい。

1日無理なく10回を毎日こなすことができうと思います。