女性の便秘の対策!便が出ない原因と解消する方法まとめ

女性の便秘の対策!便が出ない原因と解消する方法まとめです。悩まされる女性の便秘の対策と解消方法などをまとめています。予防や対策に食べ物や飲み物、またはサプリなども含め紹介しています。便秘解消に役立つ情報になりますので参考にして下さい。

女性の直腸性便秘を対策するには便意を見逃さない事?!

f:id:kenkou145:20171121161141j:plain

女性の直腸性便秘の対策についてです。

この便秘は、便意が起こっているのに我慢してしまう、または痔などで、便をすることで肛門が痛くなるために便の排泄を我慢してしまう、そのような事が主な原因で、便が出ないようになってきます。

便があるのに便意を感じなくなってしまう便秘ということになります。

また便意を感じても、それが長続きしないような感じで、便を出すのための気持ちがどこかで途切れやすくなってくることも多くあります。

そのためそのまま溜めてしまうことになってしまいます。

便意とはしたくなる気持ちのことを表していますが、そのようになる仕組みは、食べ物、直腸、信号、選択、このような流れで便意を感じます。

 

  1. 胃の中に食べ物が入る

胃の中に食べ物が入ると胃が大きくなり、または動くので結腸が反射的に動きます。

 

  1. 直腸が刺激される

食べ物が胃に入ることで、直腸が刺激され以前の便がより肛門へと押し出し信号を感じるようになります。

 

  1. 直腸から信号を受け指令がでる

食べ物が胃に入り、直腸が刺激され、便がより肛門へと押し出し脊髄を通して脳の伝わり、脳が今度は、排便命令を下します。

 

  1. 選択する

食べ物が胃に入り直腸が刺激され、便がより肛門へと押し出し脊髄を通して脳の伝わってから脳から排便命令がきますがこの時に我慢するか、いきむかの選択を自身がしていることになります。

この指令がきたときに我慢してしまうことで、脳への神経が鈍くなっている、感じづらくなっていいる事になります。

 

女性の直腸性便秘を対策するには信号を無視しないこと

f:id:kenkou145:20171121161155j:plain

女性の直腸性便秘を対策するには、脳にからくる信号を無視しないことです。

便意を少しでも感じたら、それに答えるようにトイレにいくことを習慣化させます。

その時にその便意が途中で途絶えてしまった場合は、あまり無理をしないようにします。

また、その便意を感じる信号すらも来ない場合があります。

この場合は、色々なことが原因として考えられますので、一言ではまとめきることができないのですが、排便のリズムを作ることを意識します。

腸内の活動を活発にさせる取り組みが必要になります。

一般的なことでは、規則正しい食生活、運動をする、腹筋を鍛える、食物繊維を取る、オリゴ糖を取る、発酵食品を多く取る、水分を多めにする、無理なダイエットはしない、病気で薬を何かの薬を使用している場合は、その薬に頼らない体にするなどです。

細かいことを言うとまだたくさんあることになりますが、中には病的なことからそのようになるケースもあります。

信号するこない場合は、総合的な対策が求められることになります。

ただその一般的な対策は、とても時間がかかりますが、それを早める方法も実はあります。