女性の便秘の対策!便が出ない原因と解消する方法まとめ

女性の便秘の対策!便が出ない原因と解消する方法まとめです。悩まされる女性の便秘の対策と解消方法などをまとめています。予防や対策に食べ物や飲み物、またはサプリなども含め紹介しています。便秘解消に役立つ情報になりますので参考にして下さい。

便が出いない女性の痙攣性便秘の対策と解消の方法まとめ

 

f:id:kenkou145:20171121224335j:plain

便が出ない女性の痙攣性便秘の対策と解消の方法まとめです。

痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)とは、大腸がひしきまって縮まる(けいれん)によって起こる便秘のことになります。

特徴的な症状としては、便秘だけではなく下痢も交互に繰り返すような症状が多く見られます。

ただの便の詰まりではなくて、便が柔らかすぎる下痢も繰り返していくことになります。

特徴的なので、分かりやすいと言えば分かりやすいかもしれません。

なぜ便の詰まりと、下痢を繰り返してしまうの?ということですが、大腸の働きがアンバランスになっているためです。

大腸の働きが突然働かなくなることで便が出ない状態になり、またそう思っていると突然大腸が活発な働きになり下痢をしたりと、一定の働きをしてない、何か落ち着きがない便秘ということになります。

その大腸の働きをアンバランスにしている主な原因がストレスです。

なぜストレスが関係するの?ということですが、胃もそうですが、腸内の働きをコントロールしているのが自律神経という神経になります。

呼吸や消化を自分が意識しなくても、無意識の中でコントロールしている神経が自律神経になりますが、この神経はストレスにとても敏感です。

ストレスは体にとって害になる要素になるので、それから守るための働きに体が変化していきます。

瞳孔が開き、血圧を上げ心臓をバクバクさせ、さらに血液を筋肉に集中させたりと、ストレスから体を守ろうとする働きになります。

このときに大腸の働きが通常の状態からアンバランスになってきます。

ちょっとした軽度のものであれば、大したことはありませんが重度のストレスを感じることで、大腸が敏感に反応してしまうことになります。

その影響の便秘になります。

 

痙攣性便秘からくる女性の便秘を対策するにはストレスの解消

f:id:kenkou145:20171121224347j:plain

女性にもある痙攣性便秘ですが、この便の詰まりの対策は、ストレスを溜めないことが初歩の対策方法になってきます。

自律神経の乱れが最大の原因になってくるので、自律神経を乱さない生活環境が必要になります。

ただ、誰でも日々ストレスは大なり小なり感じているものです。

感じていることになるので、誰でも溜めていくことになります。

ただ、その溜めたものを減らす術を知っているのか、知らないのかでストレスの溜まり方が変わってくることになります。

自分が一番リラックスできることが一番の薬になるので、それを1つはもつようにします。

音楽を聴く、歌を歌う、趣味を持つなど、リラックスできる環境を作るようにします。

もし何も思いつかないのであれば、アロマや入浴などをしてみて下さい。

これは誰にでも共通して、リラックスさせる働きがあります。

ストレス状態は、自律神経の交感神経を優位にさせていることで、ストレスを溜めてしまうことになるので、それを解除させるのには副交感神経というリラックスできる神経を優位にすることで解消されます。

その副交感神経を優位にさせるのがアロマの香りによるもの、または入浴などです。

強制的な感じで、リラックス状態を作ることができりるので試してみて下さい。