女性の便秘の対策!便が出ない原因と解消する方法まとめ

女性の便秘の対策!便が出ない原因と解消する方法まとめです。悩まされる女性の便秘の対策と解消方法などをまとめています。予防や対策に食べ物や飲み物、またはサプリなども含め紹介しています。便秘解消に役立つ情報になりますので参考にして下さい。

女性にも多い薬による副作用の薬剤性便秘の原因とは?

f:id:kenkou145:20171122211044j:plain

 女性に多い薬の副作用による薬剤性便秘の原因についてです。

薬というのは、西洋薬と漢方薬に大きく分かれますが、病名を決めてその対応をするのが日本で多く使用されている西洋薬になります。

漢方薬の場合は、体質からの症状から決めて使用されるものが漢方薬になります。

漢方薬は体の全体的なものに対応することに優れ、西洋薬は部分的な症状を抑えるのに優れていることになります。

部分的に対応する西洋薬は、効果も早いことになりますが、やはり最後は人が持っている自然治癒力に頼ることが多く、そこの底上げをするのが漢方薬になってきますので、使い分けをすることで、ある病気を早くに改善できることに期待ができることがあります。

ただ、特に西洋薬は優れている一面もあるのですが、副作用というものが大なり小なりあることになります。

風邪薬1つとっても、ある人は眠気が襲う、または疲労を感じるなど、小さなものもありますが、時には嘔吐したりする、激しい副作用もあるものです。

その作用からくる便秘を薬剤性便秘といいますが、どのような薬が影響してくるの可能性としてまとめています。

 

女性にも多い薬剤性便秘になる可能性のある薬の種類とは?

f:id:kenkou145:20171122211053j:plain

女性にも多い薬剤性便秘になる可能性のある薬としては、咳止めの薬、精神に関わる向精神薬、抗生物質、睡眠薬などです。

まとめると腸のぜんどう運動を抑える働き、消化の働きを抑える働き、細菌の働きを抑えてしまう働き、このような事が副作用として考えらえます。

抗生物質が一番分かりやすいと思いますが、抗生物質とは、細菌による感染症に有効な薬のことをいいます。

種類はその細菌に対して色々とあるのですが、その副作用でいうと腸内細菌でもある善玉菌の減少です。

ある細菌に対してとても有効な薬になりますが、その細菌を死滅させると同時に腸内細菌でもある善玉菌なども影響を受けることがあります。

そうなると良い細菌が腸内から減少していき、働きが低下してくることになるので便秘、もしくは下痢になる人もいます。

そのため抗生物質に関しては、気軽に薬を出すことがなくなってきていますが、やむを得ない状況下での使用となってきています。

そのような副作用が薬にはあることになります。

またそれ以外の上記の薬についても、腸内の働きの低下などを招くことがあります。

ただ、これは人によって変わってきますので、必ずそうなるわけでもありません。

また何かの理由で薬を服用することなるので、その薬の服用を辞めるわけにもいかないことになります。

ただ、便秘の原因になることがあるので、それと向き合うときの参考になると思います。

それを知っていて薬を服用するのと、知らないで服用するのでは、また別な意味で対策や意識が変わると思います。

そのような便秘もあることだけ認識しておけば、心に余裕も生まれ対策もしやすくなると思います。

関連 女性の薬剤性便秘の対策の方法は腸内環境を整える