女性の便秘の対策!便が出ない原因と解消する方法まとめ

女性の便秘の対策!便が出ない原因と解消する方法まとめです。悩まされる女性の便秘の対策と解消方法などをまとめています。予防や対策に食べ物や飲み物、またはサプリなども含め紹介しています。便秘解消に役立つ情報になりますので参考にして下さい。

女性の便秘の原因!糖尿病から便が出なくなる理由は?

f:id:kenkou145:20171123224703j:plain

女性に多い便秘ですが、糖尿病が原因になることもあります。

ただ、これはすでに病院に通って、何らかの治療をしている人に当てはまるので、何でもない人はあまり気にすることもないと思いますが、知っていることで対処が早くなると思います。

病気からくる便の詰まりのことを、症候性や器質性便秘など言われますが、その部類になるものです。

なぜこの疾患になると、便が出ない状態になってくるのかは、この病気による合併症が影響していることになります。

糖尿病というと、3代合併症というものがあって、目の網膜が障害される糖尿病網膜症、尿を作れなくなる糖尿病腎症、そして自律神経が障害される糖尿病神経障害とあります。

これらのものが合併しやすいと言われていますが、この中で便がでないのと関係してくるのが、神経に関係する糖尿病神経障害ということになります。

なぜ合併するのかはハッキリとしたことが分かっていなく適切な治療方法がまだ確率されていません。

なぜこの神経に関わる疾患が便との関わりを持ってしまうのかは、腸内の働きをコントロールしているのが神経になるためです。

神経といっても色々ありますが、自律神経という神経が腸内の働きをコントロールして消化活動をしています。

その活動を乱していくことになるので、糖尿病神経障害を合併させると、便秘になりやすいことになります。

先程話した通り、進行した状態からの影響なので、何でもない人は予防だけに注意するようにします。

ですが逆のケースがあって、便秘から糖尿病に発展するケースもあります。

年に1度ぐらいの健康診断をしていない人は要注意になります。

 

女性の便秘の原因!糖尿病でなぜ便が詰つまりやすい

f:id:kenkou145:20171123224713j:plain

その糖尿病神経障害という合併症の神経からくるもの以外では、食事制限から影響されることがあります。

糖のコントロールが体内で出来ないために、糖尿病の人は、食事から糖をコントロールしなければいけません。

その食事制限から十分な便を出すための材料がなく、便が出ない状態にさせてしまうことがあります。

逆に便が出いない状態から糖尿病に発展するケースは、腸内の悪玉菌による影響です。

インスリンとは一度は耳にしたことがある人が多いと思いますが、糖というエネルギーの量をコントロールするホルモンになります。

これが正常に働かないことで、その体のエネルギーになる糖が血中に多くなることが糖尿病です。

腸内にいる悪玉菌は、そのインスリンの働きを邪魔してしまう事が分かっています。

悪玉菌が発生させる腐敗ガスによって、そのインスリンの働きを阻害してしまい糖尿病になるリスクを上げることがあります。

尿検査をしていれば糖尿病はすぐに分かりますので、年に最低でも1回の検査は必要です。

関連 女性の糖尿病からくる便秘を対策する4つの方法とは?